タクシーの歴史

タクシーの秘密 – タクシーに関するさまざまな知識

タクシーの歴史は、大正時代の1912年の8月5日に誕生しました。日本では、数奇屋橋の近くに本社が誕生して6台のタクシーで始まりました。1921年には1205台まで増え、運賃が市電よりも3倍ほどの運賃でした。1925年には、市内を1円均一で走る円タクが登場し大阪の街に活気が出ます。

1950年には、白タクが誕生しています。一部のタクシーの荒い運転を、マスコミにも取り上げられていました。そこで、神奈川県と東京都に乗用自動車協会を設立して、タクシーの管理などを行う事になったのです。神奈川県では、タクシーの運賃が2キロまでが80円となります。

札幌では、無線のタクシーが登場し、東京では個人タクシーが1959年に誕生しています。1970年代になると、東京にセンターが誕生し、時間距離メーターで深夜と早朝に運賃が割増となる運賃になりました。ドライバーに余裕が出てきて、より安全運転が出来るようになりました。

1972年に運賃改定が行われ運賃が40円のアップとなり、その2年後には更に50円ほどの運賃が上げられました。その後も運賃は上がり続け、2000年代にはより良いサービスが増えました。500円で乗れたり、超過過分の運賃が五割も安くなるタクシーも出てきました。

妊娠している人を優しく運ぶサービスまで現れ、より使えて便利なタクシーになりました。被災地にタクシーを引き渡したりとボランティア活動にも参加しています。

HOME